従業員とともに

社員ひとりひとりが、より充実した毎日を送れるよう、
様々なワークライフバランスへの取り組みを行っています。

ワークライフバランスへの取り組み

サンケイビルでは、社員ひとりひとりが、仕事と暮らしのバランスを考えて、より充実した毎日を送れるよう、育児や介護の支援等、様々なワークライフバランスへの取り組みを行っています。 育児支援制度については、社員にヒアリングを行う等、まずは社員のニーズを把握し、社員にとってより利用しやすい制度となるよう、改定を行っています。

育児休業制度について

2009年度より子が3歳に達するまで(法定以上)、休業できるようになりました。

育児のための短時間勤務制度について

2012年度より子が小学校就学前まで(法定以上)、短時間勤務ができるようになりました。

介護支援制度についても、万一の場合に備え、2009年度より、対象家族1人につき休業期間を最長1年とする等、法定以上の制度づくりを行っています。

また、2010年度には「次世代育成支援対策推進法」に基づく「一般事業主行動計画」を策定し、今後新たな取り組みとして、所定外労働時間削減のための対策や年次有給休暇の取得促進等を推進していきます。

「一般事業主行動計画」についての詳細は下記にて公開しています。

両立支援総合サイト「両立支援のひろば」
※一般事業主行動計画公表サイト内の企業の行動計画公表サイト検索画面にて企業名に「サンケイビル」と入力して、検索ボタンをクリックしてください。

page top