もっとひとりひとりのなかへ。サンケイビル サステイナビリティ

ガバナンス・
コンプライアンス

コーポレートガバナンス

コーポレートガバナンス
に関する基本的な考え方

当社はコーポレートガバナンスの充実を公正かつ透明な経営体制と健全経営の維持を図るための重要な課題と考えています。また、公正な経営体制の維持に留意するとともに、様々なステークホルダーの皆様への迅速で正確な情報提供が最も重要であるとの認識の下に、積極的な情報公開に努めています。

会社の機関の内容及び
内部統制システムの
整備の状況

会社の機関の内容

取締役会 取締役会は、取締役9名(うち社外取締役1名)で構成され、当社の重要事項を決定し、取締役の業務の執行状況を監督しています。
監査役制度 当社は監査役制度を採用しております。監査役3名は、取締役会他重要な会議への出席、重要な書類の閲覧等を通じ、取締役の職務遂行について監査しております。また、会計監査人から会計監査に関する報告を受け、その内容について検討を行っています。
執行役員制度 当社は執行役員制度を導入し、経営の意思決定・監督機能を担う従来の取締役会と業務執行機能の分離・強化を推進し、経営の健全性・効率性を高める体制を構築しています。
常勤役員会 常勤取締役及び執行役員を構成員とする常勤役員会を設置し、業務執行上の重要事項の審議ならびに報告を行っています。
また、重要な意思決定の過程及び業務の執行状況を把握するため、常勤の監査役が出席し、必要に応じて意見を述べています。

内部統制システムの整備の状況

当社では、サンケイビル取締役会において、内部統制システムの基本方針を決議し、この方針に基づき、常勤取締役及び連結子会社各社社長等で構成されるコンプライアンス委員会を設置し、業務の適正を確保するための体制として、情報保存管理、リスク管理、コンプライアンス、及び企業集団内部統制の業務執行に関る各体制の整備・運用を行っています。コンプライアンス委員会の下部組織として内部監査委員会、危機管理委員会を設置し、 其々内部統制内部監査並びに業務監査の実施、 またリスク管理体制における緊急事態・事業継続計画への対応を行っています。

内部統制の実行

内部監査とリスクマネジメントシステムの2本立てで実行しています。内部監査は、専門コンサルを含めた業務内部監査と会計監査事務所によるJSOX上の内部監査を行っています。
リスク管理は、アプリケーションを用いてリスクマネジメントシステムを見える化し、適宜報告が上がる仕組みを作り、かつ、毎年度、新しいリスクの有無を確認し、システムのアップデートを行っています。

コンプライアンス

コンプライアンスの啓蒙

コンプライアンスセミナーは、毎年、役員、部門長、一般社員と階層別に、年度のテーマに即し、専門の先生をお招きし新入社員および中途社員の入社時研修において、コンプライアンスの研修を行っています。当社の倫理細則に沿った自社オリジナルのコンプライアンスハンドブックを作成し、配布しています。2011年に第1版を発行し、改訂を重ね、現在は第3版となっています。

よりよいウェブ体験をお届けするために、当サイトでは、クッキー(Cookie)を使用しています。当サイトを引き続き使用することにより、お客様はクッキーの使用に同意するものとします。詳しくは 個人情報保護方針 をご確認ください。