もっとひとりひとりのなかへ。サンケイビル サステイナビリティ

環境

省資源・節電

本町サンケイビル

ヒートアイランド現象の抑制、
高い冷暖房効率の実現

水冷熱源ビルマルチ方式の導入により、冷却塔から蒸発潜熱を発することで顕熱の熱放出を抑え、ヒートアイランド現象の抑制に貢献でき、加えて、トイレ洗面用の水冷ヒートポンプ給湯器とともに、熱回収により高い冷暖房効率を実現することもできます。GHPチラーなど3種類の異なる熱源装置の装備により、安定的な冷暖房運転を実現することができ、オフィス内の快適な温度環境を保ち、加えて、過度なエネルギー負荷を低減させることが出来ます。

S-GATE

屋上緑化(テラス設置)、
エントランスに緑

S-GATEでは、屋上で緑化に取り組み、テラスを設けているほか、エントランスにもグリーンを用いて、開放的な明るいアプローチにしています。
屋上緑化とテラス
エントランス

東京サンケイビル

省エネ、長寿命のLED照明を設置

LED照明及び調光制御システムを順次導入しています。従来型と比較して年間コスト約50%ダウンを可能にします。※1
調光点滅区分を多くすることにより、必要な点灯エリアを絞り込むことが可能。効率的な省エネを実現します。また、配線工事を伴わずに点滅区分を変更できるため、将来のレイアウト変更にも対応しやすくなります。明るさセンサーによる照明制御を導入し、オフィスの照度設定を防災センターから自由に設定することができます。また、人の在不在を検知して明るさを制御する人感センサー照明制御も可能です。
従来の高効率インバータ(Hf)蛍光灯と比べ、年間コスト約50%の削減になります。(ランプ交換費含む)※1:当社試算

ブリーゼタワー

建物熱負荷の低減

ダブルスキン・Low-eガラスによる快適性向上と日射熱の低減。
建物の外部環境と内部環境の境界に、透明ガラスとLow-eガラスを二重に配した“ダブルスキンファサード”を採用。室内環境の快適性を向上させるこのテクノロジーを採用することで、全面ガラスの開放的な空間ながらも、外部環境の室内への影響を最小限にとどめることが出来ます。また、ワーカー自身が「換気小窓」を開けることで、自由に外気を採り入れリフレッシュできる、ワーカー想いのオフィス空間を実現しました。

自然エネルギーの有効利用

- 昼光利用・初期照度補正により自動調光制御を採用
- ブラインド自動制御システムにより間接光を利用
- 中間及び冬期の外気冷房システムにより省エネルギーを達成
- 太陽光発電システムを採用

水資源の有効利用と周辺環境への配慮

- 雨水・雑排水再利用(便所洗浄水、植栽自動潅水としての利用)
- 節水型器具の採用による節水効果

分譲マンション

暮らしにやすらぎをもたらす緑化

エントランスアプローチの空間に豊富な植栽を施し、さらにボタニカルウォール(壁面緑化)や屋上緑化を採用、環境に配慮するとともに、暮らしに緑のやすらぎをもたらす緑化を追求。

家庭用燃料電池「エネファーム」

東京ガスの家庭用燃料電池「エネファーム」をマンションに採用。「エネファーム」は都市ガスを使って“電気”と“お湯”を同時に作り出すシステムで、それぞれの住戸で発電し、その排熱まで利用します。大規模発電所と比べ、一次エネルギー利用効率85.8%※1と非常に効率が良いので、大幅な省エネにつながります。

※1 出典:エネルギー使用の合理化に関する法律 HHV(高位発熱量)基準により算出

エネファームシステムイメージ

戸別太陽光発電システム[ルフォン]

ルフォン井の頭公園では、住戸ごとに発電して使用・売電できる「戸別太陽光発電システム」を採用、太陽光発電による電力が直接供給され、共用部だけでなく各住戸内で使用できます。
戸別太陽光発電システム[ルフォン]

資源を無駄にしない開発

GRIDS コンバージョン

ある資源を大切にし、既存の躯体を生かすことによって解体に伴う廃棄を極力減らす方法(コンバージョン方式)を採用して、ゲストハウス型ホテル「GRIDS京都 四条河原町」を開発しました。施工の時には、廃材を極力出さず、エアコンや水回り、エレベーターは設備点検の上で再利用するなど、資源を無駄にしない開発に取り組んでいます。更に、新たなワークスタイルを提供するため、ゲストハウス型ホテル2棟をスモールオフィスへと、再度コンバージョンを行います。“ただ働くだけの場所ではない。働く場所が憩いの場所となる。温かく、ゆったりと、EASYなワークスタイルを実現するワークプレイス”へと生まれ変わります。

省CO2

本町サンケイビル

国土交通省「サステナブル建築物等先導事業」に採択

省CO2の実現性に優れたリーディングプロジェクトであるとして国土交通省の「サステナブル建築物等先導事業」に選ばれました。

東京サンケイビル・
ブリーゼタワー

電気自動車(EV)充電器の整備

東京サンケイビルの環境保護対策の一環として駐車場内に電気自動車(EV)充電器を設置しています。ブリーゼタワーには、一般的な電気自動車を30分で80%充電できる200V急速充電器を設置しています。

東京サンケイビル

コミュニティサイクルのポートを設置

CO2排出量削減・環境意識向上活動として千代田区が積極的に取り組んでいる事業に賛同し、社会貢献活動として、東京サンケイビルには千代田区のコミュニティサイクルサービスのポートを設置しています。

総合

本町サンケイビル

十分な広さを有する屋上ガーデン、バリアフリー対応の階段、空調照明管理などが評価され、CASBEE ウェルネスオフィスの最高位であるSランクの認定を得ることができました。加えて、CASBEE大阪みらいでも最高位のSランク認定を頂くことが出来ました。省エネルギーに関しては、BELS認証とともに、ZEB Orientedを取得しております。

DBJ Green Building
認証を取得

DBJ Green Building認証とは、環境・社会への配慮がなされた不動産(「Green Building」)を支援するために、2011年4月に日本政策投資銀行(DBJ)が創設した認証制度です。
対象物件の環境性能に加えて、防災やコミュニティへの配慮等を含む様々なステークホルダーへの対応を含めた総合的な評価に基づき、社会・経済に求められる不動産を評価・認証するものです。

DBJ Green Building認証取得物件

物件名称 所在地
Hareza Tower 東京都豊島区東池袋 一丁目18番1号
東京サンケイビル 東京都千代田区大手町一丁目7番2号
ブリーゼタワー 大阪府大阪市北区梅田二丁目4番9号
難波サンケイビル 大阪府大阪市浪速区湊町二丁目1番57号
S-GATE赤坂 東京都港区赤坂六丁目2番4号
S-GATE赤坂山王 東京都港区赤坂二丁目5番1号
S-GATE大手町北 東京都千代田区内神田二丁目3番4号
X-PRESS有楽町
managed by S-GATE
東京都千代田区有楽町二丁目2番1号

自然保護・環境保全

グランビスタ
ホテル&リゾート

傷病個体や希少生物の「種保全活動」/
アカウミガメの卵の保護等

傷病個体やアカウミガメの卵の保護、水生昆虫などの保全活動を通じて「種保全活動」を推進し、自然と野生生物との共存に貢献しています。鴨川シーワールドでは、2002年よりふ化に適さない場所に産卵されたアカウミガメの卵の保護活動を続けています。保護した卵は、鴨川シーワールド内のウミガメ類展示施設「ウミガメの浜」に収容し、ふ化した子ガメは海に返しています。

カマイルカ 人工授精の赤ちゃん誕生

2019年5月29日午前1時42分、カマイルカの「ディアナ」が赤ちゃんを出産し、日本初の人工授精によるカマイルカの繁殖に成功しました。鴨川シーワールドでは過去にバンドウイルカで人工授精による繁殖に成功していますが、カマイルカでの成功は日本初の事例です。

オウサマペンギンの人工授精繁殖

2018年7月に数羽のメスに人工授精を試み、そのうち1羽が産卵、2018年9月にふ化しました。オウサマペンギンの人工授精での産卵・ふ化は世界で初めてのことです。遺伝子検査の結果で、採取した精液を使用した人工授精により誕生したことが確認されました。オウサマペンギンの繁殖推進につながる科学的進歩です。

シャープゲンゴロウモドキの幼虫を
県内の保全地に再導入

鴨川シーワールドでは、2010年2月より千葉県シャープゲンゴロウモドキ保全協議会(事務局:千葉県環境生活部自然保護課)の一員として、シャープゲンゴロウモドキの保全活動を推進しています。
2019年4月14日には、飼育下で保護・繁殖したシャープゲンゴロウモドキの幼虫の保全地への再導入を行いました。

よりよいウェブ体験をお届けするために、当サイトでは、クッキー(Cookie)を使用しています。当サイトを引き続き使用することにより、お客様はクッキーの使用に同意するものとします。詳しくは 個人情報保護方針 をご確認ください。