地球環境とともに

「環境との共生」を理念とした不動産開発を推進します。

オフィスビルでの取り組み

ブリーゼタワー

  • office

    建物熱負荷の低減
    ダブルスキン・Low-eガラスによる快適性向上と日射熱の低減

    建物の外部環境と内部環境の境界に、透明ガラスとLow-eガラスを二重に配した"ダブルスキンファサード"を採用。室内環境の快適性を向上させるこのテクノロジーを採用することで、全面ガラスの開放的な空間ながらも、外部環境の室内への影響を最小限にとどめることが出来ます。また、ワーカー自身が「換気小窓」を開けることで、自由に外気を採り入れリフレッシュできる、ワーカー想いのオフィス空間を実現しました。

  • office

    自然エネルギーの有効利用

    • 昼光利用・初期照度補正による自動調光制御を採用
    • 中間及び冬期の外気冷房システムによる省エネルギーの達成
    • ブラインド自動制御システムによる間接光利用
    • 太陽光発電システム
    • 自然換気可能ファザードによる自然換気システム
  • office

    水資源の有効利用

    • 雨水・雑排水再利用
      (便所洗浄水、植栽自動潅水としての利用)
    • 節水型器具の採用による節水効果
  • office

    周辺環境の配慮

    • 雨水・雑排水再利用
      (便所洗浄水、植栽自動潅水としての利用)
    • 節水型器具の採用による節水効果

東京サンケイビル

tokyo-sankei-building

省エネ、長寿命のLED照明を設置

これまでの基本仕様であった高効率インバータ(Hf)蛍光灯から、更なる省エネ・省コストを実現するLED照明及び調光制御システムを順次導入しています。
従来型と比較して年間コスト約50%ダウンを可能にします。※1
調光点滅区分を多くすることにより、必要な点灯エリアを絞り込むことが可能。効率的な省エネを実現します。
また、配線工事を伴わずに点滅区分を変更できるため、将来のレイアウト変更にも対応しやすくなります。

明るさセンサーによる照明制御を導入し、オフィスの照度設定を防災センターから自由に設定することができます。
また、人の在不在を検知して明るさを制御する人感センサー照明制御も可能です。
(人感センサーはオプション工事)

天井照明にLEDを採用。
省エネ・省コストをサポートします。

従来の高効率インバータ(Hf)蛍光灯と比べ、年間コスト約50%の削減になります。
(ランプ交換費含む)※1:当社試算

電気自動車(EV)充電器の整備

サンケイビルの環境保護対策の一環として駐車場内に電気自動車(EV)充電器を設置しています。
ブリーゼタワーに一般的な電気自動車を30分で80%充電できる200V急速充電器を設置したほか、東京サンケイビルにも充電器があります。

住まいでの取り組み

ルフォン石神井公園

ルフォン石神井公園は、東京ガスの家庭用燃料電池「エネファーム」をマンションに全戸採用した世界初竣工※1の物件です。
「エネファーム」は都市ガスを使って“電気”と“お湯”を同時に作り出すシステムで、それぞれの住戸で発電し、その排熱まで利用ます。大規模発電所と比べ、一次エネルギー利用効率85.8%※2と非常に効率が良いので、大幅な省エネにつながります。
※1 2015年11月末時点(2014年10月東京ガス調べ)
※2 出典:エネルギー使用の合理化に関する法律 HHV(高位発熱量)基準により算出

environment house

ルフォン不動前

桜の名所として品川百景に数えられる"かむろ坂"に立地する、地上11階地下1階建・全143戸の分譲マンション「ルフォン不動前」。
エントランスアプローチの空間に豊富な植栽を施し、さらにボタニカルウォール(壁面緑化)や屋上緑化を採用、環境に配慮するとともに、暮らしに緑のやすらぎをもたらす緑化を追求しました。周辺地域の景観に配慮した点が評価され、品川区みどりの顕彰制度において、2012年度「緑化大賞」に選出されました。

  • img
  • img

ルフォン井の頭公園

ルフォン井の頭公園では、住戸ごとに発電して使用・売電できる「戸別太陽光発電システム」を採用、太陽光発電による電力が直接供給され、共用部だけでなく各住戸内で使用できます。さらにそれぞれの住戸が発電所になるこのシステムとエネルギー情報がリモコンによって、一目で確認できる「エネルックリモコン」の組み合わせを日本で初めて採用しています。

rufon park

土壌汚染対策について

サンケイビルでは、マンション開発の際に土壌汚染チェックを実施しています。土壌汚染対策法による調査義務がない場合にも、調査会社による土地履歴調査を実施し、土壌汚染の恐れがある場合には、土壌汚染対策法や自治体の条例等に則って土壌調査を実施します。土壌汚染が確認された場合には、法令等に則って掘削除去などの適切な対策を実施したうえで開発を行います。土壌汚染についての調査や対策については、マンション販売時にその概略を重要事項説明書に記載し、ご購入者にお知らせします。

マンション開発における土壌汚染対策フロー

map

ホテルでの取り組み

GRIDS秋葉原/GRIDS日本橋イースト

ゲストハウス型ホテル「GRIDS秋葉原」(下記写真)は、スクラップ&ビルドによる再開発ではなく、元は築34年のオフィスビルの使える躯体を活かし、ホテルにコンバージョンしました。施工の際には廃材を極力出さず、エアコンや水回り、エレベーターはそのまま再利用し、工期も約8か月と短期間で開業することができました。
「GRIDS日本橋イースト」でも同様に、築20年のオフィスビルをホテルにコンバージョンする手法で開発しました。

before
after

フジサンケイグループ地球環境大賞

「産業の発展と地球環境の共生」をめざし、産業界を対象とする顕彰制度として、財団法人世界自然保護基金(WWF)ジャパン(名誉総裁・秋篠宮殿下)の特別協力を得て、1992年に創設された『地球環境大賞(主催:フジサンケイグループ)』に参画しています。

page top